お兄、早くも退職の運び…。

精神的ダメージ

…やっと、ブログを更新できる精神状態になった。

 お兄の就職。その後。

あれだけ、意気揚々と始まったわけだがやはり、現実は厳しかったらしい…。

以前、排せつ物の処理をしたことがあり「大丈夫」「平気」との事だったが、

朝から晩まで「下の世話」がメインの仕事となると考えていた以上の精神的なものがあったらしい…。

就職1カ月を過ぎた頃から、雲行きが怪しくなってきた。

お兄が住んでいるアパートは坂の上にある。スタッドレスタイヤを履いていない為

「自宅前の道路が凍っていて職場に向かえない」「頭痛」「吐き気」「発熱」

終いには「結構酷い自損事故」という理由で欠勤することが目立ってきた。

その時期、私は毎日職場の駐車場にお兄の車があるかチェックしていた。

あと2分で始業時間なのにお兄の姿が見当たらない。

毎日下駄箱をチェックし、靴がないとその日は朝から仕事どころではない。

昼食時まで様子を見て、お兄がまたしても休んだことを確認。

私は、スタッフに何度頭を下げたことか…。

それでも、お兄は「また一から始めるつもりで頑張る」と毎回奮起し出勤するのだが、

また休む。今年に入り、1月2日だけ出勤。

10日付けで退職となる1週間で私はお兄の本音を聞き出した。

理由は冒頭で記した通り。お兄が私と同じ職場を選んだ時しつこいくらい

「親子が同じ職場で働くということ」はどういう事か、就職後も伝えてきた。

だから余計、お兄は私の立場を考え本音を言えずにいた。

この仕事は、物理的に受け付けない人は続けるのは無理だ。

朝、出勤しようと車に乗るけど頭痛、吐き気が出現すると…。

これは完全にストレスからきていたもの。

「もう少しなぁ、頑張ってもらいたかったなぁ」

それが本音ではあるが、そこまで身体に拒否反応が出ている以上、

無理をさせて本格的に精神が病んでしまったらそれこそ取り返しがつかない。

私は、自分自身が病んだ経験があるし職場で嫌というほど見ている。

だから、何時も頭には「精神を病まないように」それを最優先している。

お兄が私の立場と自分の気持ちの狭間で葛藤して苦しんでいる現実を、

1日でも早く楽にしてあげたかった。

お兄が就職面接に来る時から就職中、「宜しくお願いします」「ご迷惑かけてすみません」

何度頭をペコペコさせたことか…。

そして辞めるとなればそれこそ陰でボロクソ言われるだろう…。

でも、自分にかかるそんな事はどうでも良かった。

そんな状態にあるお兄をすぐにでも楽にしてあげたかった。

辞める前、辞めた後と私はスタッフに暫くの間、挨拶のように謝罪の言葉を発していた。

お兄の就職から退職後までの気疲れ、ストレスが久しぶりに私の身体に出た

 

不安感

どうやら私は、本当は精神的に弱いらしい。また「命の母」に頼ることになった。

お兄が退職し約2週間後、出勤時に車の中で急に不安感に襲われた。

こんなことでまた不安感に襲われる弱い自分が嫌で

「あ~~~!!嫌だ嫌だ嫌だ。。。!!」

と口に出しその不安感にのまれないように行動した。

その後は不定愁訴に襲われることなく2月18日に至るが、予防のために

「命の母」に頼ることにした。でも、今回は3日間服用しただけで済んだ。

「飲まなくても大丈夫だな。」「あ、飲み忘れた!」

という感じで、今は服用せず過ごしている。8年前のあの時みたいにならなくて良かった…。

とにかく私は仕事以外のストレスに弱いことを改めて実感した。

特に子供のことには。

これからも子供以外にも色々なストレスと付き合っていかなくてはならない

その度に「不安感」に負けないように自分を強くもって生きていくコツは、

多分「ケ・セラ・セラ」「なんとかなるさ」「なるようになるさ」の考え方なんだと思う。

私は「こうなったらどうしよう」とか先のことだけを考えすぎてしまう癖がある。

だから自分の中でどんどん考えだけが先走り、一人で不安と戦う羽目になる。

分かっているのだが、そういう時って中々その負のループから抜け出せないもので本当に、

しんどいものである。

簡単に考えの方向転換が出来る人は、そもそも「不安感」などにはならない。

昔はこんなんじゃなかったのになぁ。

ブログのタイトルを「ケ・セラ・セラ」にしたのも自分に言い聞かせる為でもあり…。

これからもがんばって

プラス思考でいこうと思う^^

 


続き

 

私なりの対処法

 

 

症状が出た時、いや、出そうになる時には「あ、くる」と分かるものがあった。

うまく説明できないが段々、体が変な感じになり前述した症状なるものが現れる。

この症状が出る前に、何かしら他のものに自分を集中させる事で気を紛らわせていた。

飴やガムを食べる、飲み物を飲む、身体を動かす、精神安定の掌のツボを押す、など。

身体を動かす事に関しては、私の場合は「整理整頓」と「掃除」「ヨガ」だった。

台所周辺、シンク下、部屋の片づけ。夜中に症状に襲われた時がとても大変だった。

睡眠不足も大敵だが当時はそれよりも症状に襲われることの方が恐怖だった。

ヨガは「月のリズム」を勉強し、それに合わせて行った。女性の身体は月の満ち欠けにとても影響がある。ヨガの時に行う腹式呼吸は、副交感神経を優位にし身体をリラックスさせるらしい。

そうやって気を紛らせながら過ごした。

あとは、身体を冷やさないように心掛けた。

これまでは、冬でも素足で過ごしてきたしこれといって温活など試したことなどはなかった。

「冷えは万病のもと」とは昔の人はよく言ったもので全ては「冷え」からきている。

冷蔵庫の中の飲み物は常温で飲む、氷を入れない、レッグウォーマーをする、

シャワーだけでなく40℃前後のお湯に半身浴、など。

レッグウォーマーは、夏は素材を考えて夏用のレッグウォーマーを使用。

レッグウォーマーだけでなくネックウォーマー、アームウォーマーも使用。

足湯を行う。足湯はそれだけで身体がポカポカになる。

ごぼう、レンコンなどの根菜を食べる。

漢方薬を飲む。漢方は長期間飲み続けないと効果が出ないと言うが、

自分の身体と漢方薬が合致すると効き目は早い。

昔ながらの「命の母」、これが私にはピッタリきた。血の巡りが良くなり肩こりも解消され、目のかすみがなくなった。

心身ともに安定し、1瓶飲み切るころには、だいぶ落ち着いてきて2瓶目で飲みきり終了とした。

こんな感じで現在も私なりに温活を実践中。

 

 

断酒

頑張って「断酒」というより、自然に身体がアルコールを受け付けなくなった。

以前は、体調によって呼吸困難になっていたがそれが、お酒を飲むたびに苦しくなってきた。

その頃は年齢が40歳になる年で「苦しくなるのを分かっていて、

そこまでして飲みたくない」と普通の考えに至ったのがきっかけとなり、

ビール⇒ほろ酔い⇒ほろ酔い半分⇒甘酒豆乳⇒という過程を経て断酒に至った。

無理して止めたのではなく、本当に自然に止められた。

以前の私の飲みっぷりを知る周りの人達は私の断酒を聞くと皆、もの凄く驚く。

飲みの席で付き合い程度なら飲むが、それでもビールは飲みたいと思わなくなった。

沖縄に行った時もあんなに大好きだったオリオンビールを一口も飲まなかった。

 

 

  • まとめ

精神的なものは、個人の性格、環境などで大きく左右する。私はたまたま事が大きくならずに済んだだけ。

そうならないように努力しても気分が落ち込んでしまうこともあった。

この経験がなかったら「不安感」や「アルコール依存症」の症状は一生理解出来なかっただろうと思う。

人によっては、経験しなくても良い事の部類に入るかもしれないが私はこういった経験が出来て良かったと思う。

自分を見つめ直す機会になり、自分を大切にしようと、初めて思えたから。

 

☘今、昔の私と同じように苦しんでいる方がいたらその方に、

少しでも楽になってほしくて今回、記事にしました。

何かのヒントになれれば光栄に思います。