インフルエンザ予防接種副作用

まさかの副作用


晴れて、11月1日から職場の一員
となった我が息子20歳。

毎年恒例の職員のインフルエンザ
予防接種を本日10日、午前中に行なった。

過去に何回も接種したことがあり

副作用といえば接種部位の発赤、腫れ、痛痒さ

位なもんだったが、今回接種直後に頭痛、めまいが出現し

点滴をするに至った( ;´Д`)

 

初めての職種で、母親も同じ職場となれば

そりゃあね、気を張っていただろうね。

生活環境も変わり、8月には彼女との同棲も始まっているから

そりゃあね、疲れがたまっていただろうね。

 

お兄は、痛くても顔に出さない。騒がない。

ポーカーフェイス。

怪我にしても病気にしても「本当に痛いの?」と

聞くくらいだ。

私よりはるかに我慢強い方だと思う。

そのお兄が「めっちゃ痛かった」と…。

 

そうだね。注射打ったのは新人さんだったからね。

注射器が震えると当然、針先もブレるわけで…。

注射一つ取っても、手の使い方があるのよね。

 

今回は、緊張、疲れ、注射針が出たり入ったりするのを見て

不安マックスになったのが大きな要因だと母は、思う。

 

 

タイミング良いのかどうか、その日私は外来担当だったので

お兄に点滴をした。

ま~、顔色不良だったわね(-_-;)

 

因みに、我が家は去年からインフルエンザ予防接種は

受けていない。

 

点滴の中の薬剤が眠気を催すからと、念の為お兄の車は職場に

置いていくことになり私は、お兄を家まで送ることになったのだ。

 


🍀送迎サービス🍀

 

お兄の彼女は車の免許がない。

送迎をしているので当然彼女も乗車したのだが彼女は用事があったらしく、

家ではない場所に送って行く事に。

 

しかも、お兄も、

降りた(‘◇’)ゞ

 

あのさ、お兄…。

あなたは本日どのような状況でしたかな?

なぜ、母が送っていくのか認識しておるのか?

そして、彼女よ。

今日は14時でバイトが終わったなら、

電車でもバスでも利用できるのでは?

まぁ、お兄が昼前から ぶっ倒れていたから

連絡もつかなかったんだろうけどね。

 

2人は、車を降りた後すぐに手をつなぎ

信号待ちをしている私の前を通って行った。

 

...なんだそれ!??

 

あたしゃ、あんたらの足か(; ・`д・´)

 

色々重なり、そう思わずにはいられなかった

心の狭い母である。

 

体調が良くなっても、親に送ってもらうんだから

家で大人しくしてるとか、さ。。。

 

本当、勝手にどうぞですわ。

 

もう知らね(゜-゜)

 

お兄も疲れが溜まっているだろうが、

母も気疲れは、同じである。

母に関して言えば、お兄が面接した時期の先月からである。

 

そればかりが原因ではなく、こうやってがむしゃらに

パソコンに向かっているという、生活スタイルも

変わったのでね。

 

免疫力の低下により、

御蔭様で、風邪をひきました。

 

 

2017年、今年の5月に生まれて初めて

風邪で声が出なくなるという経験をしました。

嗄声<させい>(しゃがれ声)から始まり、

ハスキーボイスがかっこいいと思っていた事もあり

仕事をしているので無理に声を出していたのがマズかった。

翌日には、全く声が出なくなった。

1週間を、筆談で過ごしたが

声が出ないのは、とんでもないストレスだと

この時思い知った。

もう一生声が出ないんじゃ?という恐怖さえ覚えた。

 

その時と同じ、今までにない喉の痛み。。。

既に嗄声<させい>(しゃがれ声)であり、咳、体熱感がある。

顔、瞼<まぶた>が熱い。

37.7℃ (;・∀・)

私の平熱は、35℃代なので、この時点で

アウトだ。

 

明日の日曜日で治さないと!

 

欠勤になってしまう😢

 

あぁ~~~体の節々も痛い。。。

 

まさかの、インフルエンザじゃなかろうな。。。

 

 

では、また🍀

 

 

「お大事に」します。。。