新たなる試練

 

どうしてこう、次々と…。

 

一つ終われば一つ問題が出てくるものです。

 

家族がいればその人数分、色々とあるものです。

でも、こんなにも…ね( ;∀;)

 

40歳を過ぎて次男は12歳になりやっと、

少し自分の時間を持てるようになったところなのに、

それなのに、、、。

 

親である以上、子供を放り投げるわけにはいかないからね、

我が子の事だからね、仕方ないんだけれどもね、

その内容が、普通じゃないのよね。

 

「普通」って何だろうとは思うけれども、

これはその人個人のそれぞれの考え方、

その人の中の常識から言う「普通」なんだろうと思うが、

お兄はきっと、「普通」の子ではないのだろうな。。

 

「普通じゃない」

それは、その子の特徴、この子はこういう子、

この子が一番生きづらさを感じているからこの子に合った

生き方を親である私たちが一緒に考えて、道しるべを作ってあげなくては、

と、ここまでの考えになった。

 

この5~6年ずっと「なんで、こうなっちゃうの?」

「なんで、こうなることが分からないの?」「なんで?」と、

親である私たちは悩んできた。

 

何も難しい事は言っていないのに、それが出来ない。

ただ「普通」に生活してほしいだけなのに。

 

転職、何回したかな。

新しい職に就く度、最初は意気揚々と始まるが2カ月になる頃には、

辞めたくなっている。もしくは知らぬ間に辞めている。

 

この子は、「普通」の働き方ができない子なんだと今回を以て私たち夫婦は、

確信した。

親心としては、一つの職場に長く、を望むわけだが

それがこの子には無理だと確信した。

 

だからって諦めたわけではなく、

この子が無理なく働くことを優先に考えなければ、

また同じことの繰り返しになる。

 

また逃げ出す。

 

この子には私たち親しかいない。

 

この子は、ADHDなのかな、とも思っている。。。

 

そう考えた方が私自身が楽かもしれない。

我が子を病気扱いなどしたくはないが、

そう思わないと精神的に参ってしまう。

 

他にも、問題が山積みだ( ;∀;)

 

目の前の事を一つずつ、乗り越えていくしかない。

 

私一人では、とてもじゃないけど前に進めなかった

 

加齢に伴い、精神的に弱くなっているな。。。

一昔前だったら、どんなことにも一人でガンガン立ち向かっていたのにな。。。

 

でも、突き進むしかない!!

 

なんとかなる 😆 

 

 


いらっしゃいませ。

LEXUS CT200h

H30年6月13日。

ついに、納車となった^^

はるばる名古屋からようこそ!

 

中古車だけどね。

LEXUSの中でもグレードは一番下だけどね。

 

でも、乗りたかったから私が良ければ良いの^^

 

しかし、このLEXUSのCT200hは賛否両論が激しいことがわかった…。

 

20年も前に、シーマを乗ったっきり(当時の♂の)

乗用車は運転していないのでCTの内装備の勉強のため

ネットやらYouTubeやらで検索しまくっていた時に、

批判者を結構目にした…。

 

何事もそうだが、必ず賛否両論は付きものですね。。。

 

ハイブリッド車、スマートキーで、

それこそエンジンのかけ方から分からず(´-ω-`)

 

7月1日現在。

だいぶ車に慣れてきた。

 

私が以前乗っていたのはボロボロの軽自動車だったので、

運転中はかなり身体が楽です。

シートに包まれている感覚というか…。

毎日の往復約40Kmの道のりも、全然苦にならない。

快適である。

なんなら、🚗降りたくない。

 

そもそも、交通事故に遭わなければ、

車の購入には至らなかったわけで。

 

「ピンチはチャンス」とは、本当よく言ったものです^^

 

また、明日からお仕事適当にがんばろ~っと。

 

5月から、色々とバタバタしていて

(お兄の事、メンタル心理カウンセラーの勉強)

時間がなくブログをやっと更新出来たのですが

早々と今日はこの辺で終わります^^

 

では、また(‘◇’)ゞ

 

Instagram:nankurunamana 宜しくお願いします^^

 


タントさようなら。LEXUSこんにちは。

中古車購入

別記事で書いたが、私は先日交通事故に遭った。

軽微な事故ではあったが色々考慮した結果、廃車となった。

 

廃車にすると決まって、まずどんな車に乗るか…。

から始まったわけだが今回の事故により私は

軽自動車に乗ることが怖くなってしまった。

 

過去一度だけ普通車に乗ったことがあるだけで

その後約20年間は軽自動車しか乗っていない。

 

 

勤務先が遠いので、ハイブリッドも視野に入れネット検索した。

 

最終的に「LEXUS」に決定。

CT200hというグレード的には一番下のハッチバック車である。

 

ハッチバックとは、要はトランクを開けると

車内と繋がっている形の車で大きな荷物も積める。

後部座席をフラットにすると、大人2人横になれる。

燃費もリッター25~30キロ。

安全性は抜群。

運転していて楽。

値段も範囲内。

目立つように赤色。

ということで、決定^^

 

最初は「LEXUS」など乗るつもりは微塵もなかったが、

我が長男が「LEXUS IS」を乗っていてLEXUS信者である…。

まぁ、押された感は否めないが

「少し、良い車に乗っても、もう、良いかな。。」

と思うところが強かった。

とは言っても中古だが^^:

 

何だかんだとトントン進み、事故からおよそ20日で納車の運びとなった。

 

名古屋の車店から陸運で、はるばる東北まで。

乗りこなせるか心配なところである。。

YouTubeやネットで勉強中である^^

 

あと2日。

 

楽しみ 😀

 

 

「物事がとんとん拍子に進む時は、その流れにのる。

それは、『そのまま進んで良い』合図だよ。」


交通事故。

そこで、出てくる?!

H30年5月23日。

この日を忘れない。

私の母親の誕生日前日に初めて交通事故に遭ったことを。

いつもの通勤路。朝7時半。自宅を出て5分以内の出来事。

優先道路を走っていた私の前に、右側道から急に軽自動車が出てきた。

ブレーキをかけたが間に合わず。

 

「ガチャン」

 

事故直後は身体は何ともなかったので、「物損事故」として処理された。

だが、何ともない気がしただけで、

じわじわと首、肩、腰に痛みが出てきた。

 

事故当日午後一で、近隣行きつけの整形外科を受診した。

この時点で「人身事故」に切り替わった。

 

初めての交通事故で軽微な事故ではあったものの、

こんなに精神的にショックを受けるとは。

かなりのショックである。

 

交通事故に遭った時、大まかな流れを知っていると色々と準備が出来るので

私の場合ではありますが、経緯を記しておきます。

 

交通事故発生。

自動車保険会社の「交通事故24時間対応」に電話。

相手の名前、住所、電話番号、保険会社、職場を交換する。

警察に電話。

職場に電話。

事故処理(当初、物損事故だったので1時間で終了)

帰宅後、身体の痛み発症のため受診。

受診前に保険会社にどこの医療機関を受診するか連絡。

警察提出用診断書を書いてもらう。

事故管轄の警察署に診断書を提出。

後日、警察署から実況見分(現場検証)の日にちの連絡がくる。

実況見分。

 

過失割合1:9で私は被害者なので、警察の事故処理関係はこれで終了。

加害者は、この後再度警察から呼び出しがあるみたいです。

 

同時進行で、事故車の流れも記録しておきます。

 

私は自動車工場に知り合いがいないので

保険会社提携の自動車工場に依頼してもらいました。

 

保険会社から連絡を受けた自動車工場から連絡が来る。

事故車の引き取りと代車を置いて行ってもらう。

事故による修理の他に、修理部が見つかる。

買い替えも視野に入れ査定してもらう。

査定価格¥0。

ボロ🚗のため買い替え決定。

本当は現物を見て購入したかったのだが、

身体が痛いし時間がないとの理由でネットで購入することにした。

購入車決定。

交通事故から22日目にスピード納車となる。

 

大まかな流れはこんなところで、

「代車に関しての保険会社との交渉」などは知っていた方が損はありませんので

後日、記します^^

 

何とかパソコンが打てるようになって、良かったです 🙁

 

では、また^^


心理カウンセラーの資格。

 

 

相談役

私は、昔から職場で相談役のような役割をすることが多かった。

つい先日も、同僚に相談され上司に頼まれ1つの事案を解決した。

 

今まではたまたま、良い方向にいっただけかもしれないが私自身、

こういった方面は得意かもしれない。

というか、看護職より向いているかもしれない。。。

 

自身体調不良の経験がある、

心理学には昔から興味がある、

メンタルの部分で辛い思いをしている人を助けたい、

資格があると信頼に繋がる、

自身のスキルアップ、

同僚に後押しされた、

などの理由から本格的に資格取得を目指そうと決意した。

 

年齢問わず、いつでも思い立った時がスタートだ!

 

と、思っている^^

 

早速、色々と検索してみたが大学に行ったり臨床経験がないと

ダメなものがあり経済的にも私には無理だなぁと思っていた。

その時、「キャリアカレッジジャパン」のHPが目に留まった。

 

 

 

それは「メンタル心理カウンセラー」「上級心理カウンセラー」

 

簡単に言うと、

メンタル心理カウンセラーとは、

カウンセリング・クライアント・心理学・精神医学の基礎知識を学ぶ。

上級心理カウンセラーは、

メンタル心理カウンセラーよりも上位で、高度な専門知識と技術、

心理療法の基礎・カウンセリングの運営・クライアントの対応を学ぶ。

 

いずれも、日本能力開発推進協会(JADP)が指定する教育機関で

所定のカリキュラムを履修し、同協会が主催する試験に合格する必要がある。

 

カリキュラムを終了したら協会に受験申請を行い在宅で受験する。

カンニング可!

 

資格の活かし方としては、

医療・福祉の現場(ソーシャルワーカー)、

学校(学校内カウンセラー)、

民間企業(企業内カウンセラー)などがある。

カリキュラムを全て履修し試験にも合格した場合、就職・転職サポートがある。

 

教材費など費用の面でも、何十万もせず分割払いも可能。

 

この「メンタル心理カウンセラー」「上級心理カウンセラー」の資格は、

実務経験や学歴などの受験資格は必要なく誰でも資格取得のチャンスがある。

そして全てのカリキュラムを修了すれば、何回でも受験できる。

しかも、知識と実践力がしっかりと身についているかを問うものなので

丸暗記は不要でテキストを見ながら受験が出来る!

 

他にも、「行動心理士」「カラーセラピスト」

国家資格の「キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)」

も興味があるのでそれらも含め、早速資料請求をした。

 

約1週間で届くらしいので楽しみだ^^

 

 

 

 

 


追記。

 

 

忘れていた!

そうそう…。

ビーチでは(多分、殆どのビーチではそうかとは思うが)

パラソルをレンタルしなくてはなりません。

ビーチによって値段はまちまちであろうが、

私のように少しでも出費を抑えたい方は

ポップアップテントの持参をお勧めしたいです^^

 

我が家にあるのに何故思いつかなかったのか…。

 

ポップアップテントとは、開くとテントの骨組みの針金(?)が開いて

ポンッとテントになる簡易テントです。

これは、本当に重宝します。

ビーチのみならず、公園、運動会など日影がほしい所に

何処でも使えます。

 

ただ、強風時には骨組みが弱く歪んでしまうため、あまり使えません。

 

これがあれば、何処でも日影ができて便利です。

¥2000~購入できます。私はAmazonで¥2980のを購入しました。

強風時以外は、この値段でも充分使えます。

 

今回の沖縄旅行では座間味島に行く予定で、

メインの「阿真ビーチ」はレンタルのパラソルもないとの情報を得ました。

日影は、ビーチそばの木陰まで行かなくてはならないとか…。

なので、必ず持参しようと思います^^

 

本島なんて、比べ物にならないくらいの日差しで

去年は、旅行に一緒に行った友人が両足を火傷しました…。

ポップアップテントがあれば熱中症対策にもなりますね。

 

ということで、追記でした^^

 

Instagram:nankurunamana  宜しくお願いします^^

 


テント ワンタッチテント ポップアップテント ビーチテント ワンタッチ 日よけテント 一人用 ワンタッチサンシェード ターブ サンシェード 小型 軽量 設置10秒 コンパクト設計 海 キャンプ アウトドア 野外 フェス 運動会 UVカット 2人用 2〜3人用 雨よけ 子供


サンシェードテント Dreamegg ポップアップ サンシェードテント パット展開最速5秒収納 ワンタッチテント SPF+50日除け 2-3人用 海水浴・砂浜・運動会・公園・防災・コンサートに最適


運動会

 

最後の運動会

晴れた!

やった!

1回で終わる!

 

2日前に買い出しを済ませ、前日にかけて仕込み。

 

当日は朝5時に起き、お弁当作り。

 

一昨年は、運動会当日天気がはっきりせず、

お弁当を作り終えたところで延期のお知らせ一斉メールが届いた。

延期なら、もっと早くに連絡を頂ければ(´-ω-`)

持ち越せるオカズは翌日に持ち越した。

 

運動会ばかりは、天気に左右される。

母は、大変なのだ。

1回で終わらせたい。

 

そして、洗濯と出かける準備をし祖母2人、お兄が到着。

小学校へと向かった。

6年生だから競技が多いかと思いきや、そうでもない。

親子競技は、お兄に出てもらった^^

 

親と子がグラウンドの半分に分かれて中心で子がカードを拾い、

1:デカパン

2:一輪車(工事用)

3:ボールを背中で運ぶ

4:ダンス

そのカードに書かれている通りに行わなければならない。

ダンスは、流行りの「ダンシングヒーロー」

前奏を皆がゴールした後に中央で、親子で踊らなければならない。

なので「ダンスカード」を拾った時点でビリは確定となる。

 

次男は、運良く「デカパン」を拾ったのでお兄とデカパンを履き、

一輪車の親子を抜き見事1等賞となった^^

「最後だから、1位をとらせなきゃ」と張り切っていたお兄。

ありがとう!

まぁ、運が良かった。

 

そして、問題のダンスだがこれは…

来年からはこういった企画はやらない方が良いのかもしれない…。

面白おかしく場を盛り上げられるタイプの人間と、

そうではないタイプの人間がいるわけで。

 

ある親子は、「ダンスカード」を拾ったがそのパパは、

そうではないタイプ」の人だった。

 

カードを拾い取り敢えず、グラウンド中心には来たもののすぐに、

司会進行の先生に近づき本気の表情で「無理」とジェスチャーで訴えていた。

でも先生は「いや、どうぞどうぞ!」とばかりにグラウンド中心に誘導していた。

 

その間、約10秒。

長い…。

 

観客は「なになに?」「何してんの?」「え!?」とざわめき始めた。

そして、否応なく「ダンシングヒーロー」の前奏が流された。

 

のパパは、一瞬立ち尽くし音楽が流れる中、

子を置いて途中退場してしまった。

 

後を追うように、子も退場。

音楽も中断。

静かになった会場。

会場はそれぞれにブーイング。

 

子供が本当に可哀そうだった。

多分、会場にいた9割の人は子供を1番に考えたと思う。

 

でも、旦那の考えは違った。

 

あれは、先生に問題があったと。

 

あのパパは、もしかしたら本当に人前に出るのが苦手で、

でも子供の為に、最後だからと頑張って参加したかもしれない。

そこで運悪く、「ダンスカード」を拾ってしまった。

 

自分には本当に無理なことだから、先生に訴えたが強要された。

 

あの場で事をうまく収めるには、機転を利かせた対応が必要だったと。

 

旦那は、正面で一部始終を見ていたためそのパパの表情を見て

「あ、この人は心底訴えている」

と瞬時に感じたと。

 

そこで、強要したがためにそのパパの立場はなくなるわ、

子供は可哀想だわ、小学校最後の運動会で嫌な思い出が出来てしまい…。

 

普段はこのパパも一生懸命仕事して子育てしているだろうに

周りにそんな目で見られている自分のパパを想う子供の気持ちだったり…。

 

だったら、ダンス前に、何事もなかったかのようにゴールさせてあげたら、

そのちょっとした気遣いがあったなら一時でも話題になることはなかっただろうと思う。

 

小学校でこの企画会議の時、

「もしかしたら、嫌がる人が居るかもしれない」

「嫌がる人が居た場合は、どういった対応をするか」など、

誰か一人でも発言する先生が居たら…。

そこまで、考えてくれていたなら、ね…。

 

全ては運動会を盛り上げる為なのだろうが、

終わったから良しとする事なくこういった事態になったことの

原因と解決策をきちんと職員会議していただきたいものである。

 

賛否両論あると思うが、特に男性(パパ)は今回の件で

このパパの気持ちを共感した人は少なからず居たと思う。

 

6年生ともなると、係の仕事もあり次男はゴールした1位の子を追いかけ、

誘導し1位の席に座らせるという係だったが、しっかり仕事をしていた^^

 

鼓笛パレードでは、その他大勢の(笑)鍵盤ハーモニカを上手に演奏していた。

私的には、小太鼓をやってほしかったのだが選抜に落ちたらしい。

 

先生に「鍵盤上手だから!」とうまいことを言われ、

傷つくことなく張り切って演奏した(笑)

 

そして、プログラム終盤の騎馬戦。

次男は、左下の支え担当だった。

上に乗って戦い担当なら、見ていて面白かったのだが。

次男のチームは、あっという間に相手チームを負かせた。

 

ニコニコして自分の陣地に戻る次男を見て、

最後の運動会、もうこの先参加することのない運動会、

「終わったぁ…。」と実感した私。

 

 

 

 

整列すると去年までは、前から4~5番目にいたのが6年生になって、

後ろから数えた方が早い。

 

それだけ身長が伸びたのね。

成長したね。

 

下級生も交えて、客観的に我が子を見ると「お兄さん」だった。

 

もう、あの頃の、次男は居ない。

寂しいような嬉しいような。

 

そうして、自分も歳を重ねていくのよね…。

 

 

第二の人生、楽しもうっと!✨

 

 

とりあえず、早く沖縄行きたい(‘◇’)ゞ

 


母の日

 

 

 

 

サプライズ

今日は、母の日です。

今年は、旦那が2月にスノーボードで骨折し現在傷病中なので

期待はしていませんでしたが、私の知らないところで

次男と相談していたようで、鉢植えをプレゼントされました。

 

こんなことも、きっと小学生までかな。

 

こうして少しずつ、子供は成長していくんだなぁ…。

 

因みに、長男からは何もありませんでした。

長男は、去年はネックレスとお手紙でしたが…。

昨日は、次男の最後の運動会で会ったのですが

何もありませんでした。

 

別に、

良いのですが、

何もありませんでした。

 

 

 

 

お花、ありがとう^^


もう、沖縄。

気分は🛫

 

 

私、もう頭の中は沖縄一色である。

時間があれば、常に座間味の情報収集をしている。

 

「移住」も考える始末である。

移住は、元々考えていた事ではあったが考えていたのは沖縄本島であった。

段々と、離島に住みたくなってきた。

 

昔は都会に住みたい時期もあり、ネオン街や夜景、

最先端な場所として憧れていたが私はきっと、いや完全に田舎派である。

 

40歳を過ぎ、田舎がもっと好きになってきた。

まぁ、今現時点田舎に住んではいるが

今よりもっと田舎でのんびり暮らしたい願望が半端ない。

 

特に春~夏にかけては、とりつかれたように離島を検索しまくっている。

 

でも、現実は子供が居れば学校の事、友達関係などの問題がある。

子供がまだ小さいうちは良いが、次男はもう小6である。

そこそこ自分の考えもあり、

親としては子供の意見を尊重しなくてはいけない時もある。

友人関係も確立してきているので、

親の一存で移住とは中々ね、そう簡単にはいかないだろうなぁ…。

 

仕事の方は、何とかなるかな…。

離島の医療関係の仕事は今までと比べ物にならないくらい、

ゆったり、のんびりとしているのだろうな。

 

離島ナースの情報を検索した時、目にした記事に

「治療はしなくても、ちょっと寄るお年寄り」「遊びに来る子供達」

とありました。

のどかな生活が目に浮かびました。

 

そして、いつでもシュノーケルができケラマブルーに会える…。

 

あ~…。最高すぎる(≧◇≦)✨

こんなに南国大好きで寒いのがかなり苦手なのに、何故に私は東日本住み😢

 

シュノーケルは、いつも子供と一緒なので浅瀬でしか経験したことがありません。

足がつかない場所での経験がないので、きっと最初は怖いかも…。

そんな事を考えていたら、やりたいことが1つ増えました(笑)

 

「スキンダイビング」って、私最近知りました。

あなたは知っていましたか?

 

シュノーケル

シュノーケル、マスク、フィン、の

3点セットを装着しライフジャケットを着用して、

水面に浮かびながら水中世界を見て楽しむことが出来ます。

 

スキンダイビング

3点セットを装着し、海の中に潜ることを目的としています。

スキューバダイビングのようにライセンスは必要なし。

ダイビングのように機材に頼ることなく

身体ひとつで自由自在に泳ぎ回れます。

スキューバダイビングのように排気音など自然界にない音が出ない分、

魚たちの警戒心が低くなることでより生物に近づくことができます。

スキンダイビングはメンタルも大切。

心が乱れていたりストレスを感じていたり、不安に思っているとうまくいかない。

身体の力を抜いてリラックスすること。

フワフワと魚と一緒に泳ぐ感覚。

 

「ジャックナイフ」と呼ばれる潜り方。

①うつぶせに浮き呼吸を整える。

②ターゲットを定め自分の真下にくるように位置を決める。

③大きく息を吸いターゲットを見たまま頭を真下、次に身体を直角にして潜る。

④足を真上にする。

⑤フィンが水中に入ったら、フィンキック。

*身体を直角にして潜り込み、頭は真下、足は真っ直ぐを意識する。

 

注意点 

息を止める行為や潜降に伴う水圧の影響など

シュノーケリングとは異なる注意点やリスクがあります。

きちんとした知識を持たずにスキンダイビングをすることは

とても危険なのでインストラクターやガイドの指導を受けてから正しく行いましょう。

 

 

ウミガメと、ブラックマンタと泳ぐのが夢です^^

いつか必ず実現させるぞ!

 

 


平成30年9月に。

 

 

ウミガメと泳ぎたくて今年は離島デビューする予定💕

どこに行くかというと、

「座間味島」

に行って参ります。 

離島メインではなく、日帰りで2日目に予定しています。

では、座間味島の魅力に迫っていきましょう!

 

 

 

 

座間味島

 

 

慶良間諸島に所属する島で、諸島のほぼ中央に位置する。

太平洋戦争沖縄戦でアメリカ軍が最初に上陸した島となる。

対岸の阿嘉島にいた雄犬「シロ」が、座間味島にいた「マリリン」と

   いう雌犬に会うために泳いで渡るという実話映画「マリリンに逢いたい」の

  「マリリン」の像が設置されている。

   阿嘉港船客待合所には、「シロ」の像が座間味島を向いて設置されている。

 

航路

那覇港ー阿嘉港ー座間味港を高速船「クイーン座間味」と

   フェリー「フェリー座間味」が往来する。

  所要時間は、高速船で約50分、リーで約90分。

運賃

  「フェリー座間味」

   大人片道¥2120、往復¥4030。

   小人片道¥1060、往復¥2020。

  「クイーン座間味」

   大人片道¥3140、往復¥5970。

   小人片道¥1570、往復¥2990。

 

このように、船の発着場が決まっています。お間違いのないように…。

それと、「乗り物酔いは絶対にしない」と、自信のある方は別として、

酔い止め薬は服用した方が良いと思われます。

ったら、せっかくのケラマブルーも楽しめません…。

 

阿真ビーチ

 

ここはウミガメに会える、長さ800mのビーチです。

 座間味港から歩いて15分から20分位で到着。

 古座間味ビーチに比べると人は少なく、設備も少ない。

 というか無いに等しい。

 日影がないので、木陰に逃げるしかない…。

 熱帯魚というよりはウミガメがメイン。

 熱帯魚目的なら、古座間味ビーチの方が良さそうです。

 満潮時に藻を食べに来るので満潮時がお勧め。

 ウミガメと泳ぎたいならシュノーケルセットは必須。

 ウミガメ保護の規制もあるので、きちんと守りましょう。

 

多分、今年で最後になるであろう次男との親子旅行…。

まだ5カ月も先ですが 😯 思う存分楽しんでこようと思います!