経営者の彼③

ADHD。

 

今のネット社会の時代、

検索すればどんな症状なのかは直ぐに解る。

 

私の彼は、つい先日にADHDと診断された。

 

診断されたことによる心情として彼の場合は、

確信に変わり信じたくない、

受け入れられない思いで苦しんでいるだろうと思う。

 

でも、私から言わせてもらえば、

人の記憶なんて所々忘れているなんてことは、

健常者でもある事だし、私なんて結構な天然ボケだしね 😆 

 

さっき話したことなのに、すっとぼけているから、

言った言わない聞いてないと喧嘩になったりもする。

 

だから、言ってしまえば細かい事までもが、

病気になってしまう。

 

と思うから、彼がそんなに気にすることでは無いと思ってしまうのは、

当事者ではないからね…。

 

でも、診断されなければADHD特有のものを

『性悪』『ひねくれ』

と思われてしまうのも事実であり、

病名がハッキリしたところでそれを、

相手が理解していればその対応なりを考える事が出来ると思っている。

 

だから、私は前向きに明るく考えている。

 

ADHDであったにしろ、

今までの人生をその、

ありのままの彼で生きてきたのだから、

今更…だからって…?と言った感じ。

 

今までの人生で彼から離れていった人達は、

病気の事は知らなかったにしても、

素の彼を受け入れ難いから離れていったんだよ。

 

ご縁がなかっだけ。

 

だったら、今後も私が傍に居て

彼の不足分を補えれば良いかなと思うだけ。

 

だから、喧嘩の度に

『今まで信頼されなかった。』

『疑われてきた。』

『離れていった。』

『だから、もういい。』

『一人で生きていく。』

と、言うのは止めようね。

 

もう、良いでしょう。。。

 

今後の人生において1人は嫌だからと、

私も同じ気持ちだから、

お付き合いが始まったんだよね?

 

私の事を、過去の人達とは違うと思っているなら

その台詞は『過去の人達』といつまでも

一括りにしていることになるんだよ。

 

私は、ただ一緒に時間の共有をして生きていきたいだけだよ。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です