再就職

 

退職後いつの間にか、つなぎのバイトを辞めていたお兄。

私は3月上旬に知る。

そして、寮付き家具家電付きの職場を見つけ、

12日に地元を出発した。

初の市外へ。

お兄が18歳の頃、行方不明になり色々あった

末に当時の職場であった建設業の寮にお世話

になった。

その時は不本意でそうならざるを得なかった

流れがあったが今回の様に自分の意思で一人

で行動に移したのは初めての事である。

 

今迄、裏切られた事数知れずなので大袈裟な

事はしたくないという、旦那の意向を最終的

には無視し、お兄の出発日の前日に祖母2人を

お誘いし、お祝い的なことを行なった。

 

地元から車で1時間半も走れば着く場所に引っ

越すわけだが、今迄のように頻繁には会えな

くなるわけで、そんな事を考えていたら何だか寂しくなってきた。

 

うまく説明出来ないが、子供の自立と共に子

離れしなくてはいけないのだ。

特に、お兄は誰も知らない所で誰にも頼れな

い環境で生活させないと、そういう経験をさ

せないとダメ人間になってしまう。

「させないと」という親心が通じたのか、お

兄は自分でその道を選んだ。

 

という事は、彼女とは遠距離恋愛??と思っ

ていたのだが、お別れすることになったのだ

そうだ。

 

「卒業」の時期に合ってるな…。

 

元々、彼女の家に転がり込んだ為、お別れす

るとなればお兄が出ていくしかないのだ。

実家には、居場所がもうないのだ。

お兄は、上京したいと前から言っていて兎に

角、地元から離れたがっていた。

なので、色々なタイミングが合致し今回に至ったのだと思う。

 

新しい職場は工場で3勤交代らしい。

高額な給与でもあり、まともに働けば余裕で生きていける。

車のボーナス払いの9万も余裕であろう。

まともに働けば、辞めなければ、の話だ。

そう。お兄は何せ続かない。。

せめて半年、1年がんばれ。

入寮して3ヶ月は寮費、光熱費がタダなのだか

らその分余計に貯金してごらんなさい。

少しずつでも貯金しないとダメです。

兎に角続ける。

でも、本当にキツい時には言ってきなさい

ね。

まず最初に父に。

精神的に追い込まれたら、取り返しのつかないことになる。

そうなる前にね、ちゃんと話してね。

 

母は、職場で自分で命を絶った人を何人も見てきている。

原因は様々だが、中にはお兄と同じ世代の男の子もいたのよ。

地元を離れ単身で寮に入り、何か思い悩み、自ら…。

そんな事にでもなったら、母は病気になるよ。

 

取り敢えず、初勤務を終え第1段階は順調な滑り出しのようだ。

 

このままうまくいってくれれば良いが…。

 

 

「この世で最も大変な職業は、親業である。」

 

どなたかの言葉であるが、本当にそう思う。

親になって初めて解る事というのは、当たり

前だが自分が親にならなければ解らない。

親の有り難さ、親心、子供を思う深い愛情、守るべき存在…。

親になると、自分の事だけを考えていれば良いとはならない。

生活スタイルも自分より、子供優先になる。

子供には、親の自分しか居ないのだ。

どこまで助けて良いか分からなくなる時もある。

あまり助けてばかりいては、子供が自立出来なくなる。

 

「甘えさせる」と「甘やかす」の違い。

「過保護」と「過干渉」の違い。

アンバランスだと子供の将来にかかってく

る。

子供の生まれ持った性格も関係するが、生育

環境は大切であり、その生育環境をもって更

に個々の性格が形成される。

どんな子供でも自分の子供は、我が身を削っ

てでも守らなければいけないと思っている

が、そのバランスが本当に難しい…。

私は先の事ばかりを考えて不安になる癖があ

るので子育ても、その時その時で対処していくしかないな。。

 

「そうなったら、なった時に考えよう!」

と、いつも自分に言い聞かせている。。

 

 


骨折。

折れとる。。。

 

2月19日。旦那、お兄、お兄の彼女と4人でスノーボードに出掛けた。

レベルとしては旦那は普通にスイスイ滑れ、お兄はまぁまぁ滑れ、

私はターンが出来るようになって3年目、お兄の彼女は初めてのスノーボードである。

場所は、表磐梯の猪苗代。

私はターンが出来るとはいっても、転ぶし中級コースでもひるんでしまう。

ゲレンデに着き旦那と私、お兄と彼女に別れた。

中盤で旦那とお兄は上級者コースへ。初心者の彼女と私は初心者コースでのんびり滑っていた。

旦那達、中々降りてこないなぁと思っていた時旦那から着信が…。

「足、やっちまった」

救護室へ運ばれたという。

私は、無茶をして怪我をしたと思っていたがそうではなかった。

お兄とリフトに乗っていた旦那は、リフトを降りる時お兄が左側から自分に寄って来たので、

よけようとして体重を右側に乗せたところボードにエッジがかかり固定された左首が内側に…。

そして「ボキッ」

ゲレンデスタッフの3回目の声掛けにようやく救護要請したらしい。

救護室に向かうと、旦那は左足首を固定されていた。

ゲレンデに着いて4時間の出来事。

そしてゲレンデを後にした。

地元について、そのまま整形へ。

この時点では、骨折していないかもという淡い期待をしていた。

レントゲンを撮る。

医師「うん。折れてるね。」

旦那は過去に仕事中、右足首にヒビが入ったことがあり同じ整形にお世話になったことがある。

「今回は、ご丁寧に左折ったの(笑)」と言われたそうだ。

面白い医師だ…。

旦那は、今後自分の趣味などに時間を費やすことはないと、

私の知らない間にスノーボード一式とウェアから小物を全て売ったばかりで、

今回乗り気じゃなく渋々猪苗代へ向かったのだ。

それなのに、挙げ句怪我をし仕事も休まなくてはいけなくなった。

旦那は、「やっぱり行かなきゃ良かった」とかなり自己嫌悪に陥っていた。

終いには「もう、ボードなんかやらない」と…。

でも、しかたないよ…。

折れちゃったものは…。

ギプス固定をして松葉杖の生活2週間。

レントゲンを撮る。

まだ骨がくっついていないのに、旦那は早く仕事に復帰したくてギプスを外してもらった。

ギプスの代わりにサポーターの生活1週間。

明日、再度病院という日の夜、左足首の腫れと痛みあり。

翌日、レントゲンを撮る。

医師「うん。ずれてるね。」

…ギプスはもう勘弁と、シーネ固定になった。

 

旦那よ、焦っても骨は付かないのよ。。

 

この1カ月、主夫になっている旦那。

しかも完壁に(笑)

私が帰宅した時にはすぐに夕飯が食べられる状態で、既に布団が敷いてある

湯たんぽも、もう布団の中にある。

洗濯物も畳んであるし、掃除もしてある。

次男の世話も完壁。

私は、その日の洗濯をして干すだけ。夕飯後の食器洗いも旦那がやってくれる。

 

あ~楽ちん。私に稼ぎがあれば、こんな生活も悪くないのだが(笑)

 

とりあえず、旦那の足よ。早く、くっつけ…。

 

 


次男11歳一人部屋デビュー

 

 

習慣

お兄が、彼女と同棲を初めて半年。

将来的には次男の部屋にと考えてはいたものの机の移動やら大変なので中々進まず…。

だが、事情が変わりこのタイミングで遂に次男の部屋を作ることとなった。

そしてリビングも模様替えした。

リビングにあったボロボロの3人掛けのソファーを廃棄しただけでリビングがかなりスッキリして広々とした。

次男の部屋の間取りは4畳半であるので、学習机と布団を小箪笥を持ち込んだらもういっぱいいっぱい…。

配置も限られてくるので、行動したら早かった。

最近次男はとても力がついてきたので学習机を運ぶ手伝いも出来、何かと使えるようになってきた。

自分の部屋が出来た初夜は、怖くて部屋の戸を開けていたが2日目からは戸を閉めて寝た。

この日から布団を敷く、自分の洗濯物を箪笥にしまう、目覚まし時計をセットし自分で起きる、起きたら布団を畳む、

を実践中である。最近では習慣になってきて、言われなくても自主的に出来るようになった。

夕飯後は「じゃ、部屋に行くから」と言い読書などをして過ごしている。

こうやって自立していくんだなぁと実感している。

外出も、殆ど一緒にしなくなりどうしてもという時だけかなり嫌々ついてくる。

ついて来た先でも、「帰りたい」「まだ帰んないの」「俺だけ帰る」連発である。

帰るまでずっとだ…。こんなことなら、無理に連れてこなければよかったと毎回後悔する。

 

2月から平日はゲーム禁止、日曜日だけ2時間OKとしている。

罰ではなく、チック症状をこれ以上酷くさせない為、一因と考えられているゲームから遠ざけることにした。

今までは、ほんの少しの時間でも「ゲーム」。次男を見ていて依存していると感じていた。

最近、WHOではオンラインゲームやテレビゲームのやりすぎによって日常生活が困難になる症状を

新たな疾病として定義し「国際疾病分類」に「ゲーム障害」として加えたという。

ゲームをしたい衝動が抑えられなくなり、日常生活など他のことより優先、

健康を損なうなど問題が起きてもゲームを続けてしまう特徴があるとしている。

このような症状が12カ月続き、家族や社会、学習、仕事に重大な支障が起きている場合

ゲーム障害として診断できるらしい。

次男の場合、現時点ではそこまで依存しているとは言えないが、このままいけば危うい。

そういうこともあり、平日はゲーム禁止令を発令した。

発令後イライラしたり、精神的症状が出てくるかと思ったがゲームなしの生活に

意外とアッサリ順応できている。

 

ゲーム依存になった中国だかの動画だが30代の無職男性が依存症で、

その男性の父親が男性の目の前でパソコンを壊した。

その瞬間男性は気が狂ったように泣き叫んでいた。

酷くなると親など歯が立たない。お手上げ状態になる。

日本でも「ネット依存」から抜け出すカリキュラムが組まれた合宿などがある。

親元を離れて暮らすらしい。そうなってしまっては大変である。

時間をきっちり決めて、メリハリをつける生活はとても大切だと、改めて思った。